接待で飛田新地へ

梅田の居酒屋から飛田新地へ向け南へ

ちょっと前の話になりますが、私の勤める会社の社長が四国から出てきた取引先の部長と居酒屋で飲むことに。私も同席、といっても運転手兼任なので飲めません。間に入って愛想笑いと相槌と、焼き鳥は旨かったけどノンアルコールです。

時間は20時を回りました、とっとと開放されて自分もビール飲みたいとばかり考えていたら、四国のおじさん、今から飛田新地へ行くんだと。てっきり、この後ビジネスホテルに送って終了と思っていた私は内心「えー」です。案の定、社長は「じゃ、こいつに送らせよう」と。

私が飛田新地へ行ったことあると決めつけた発言。(いや、ありますけどね。2度ほど。)

の後、社長も飛田新地についてのうんちくを大阪人とWして語った後、社長だけタクシーで帰っちゃいました。飲むだけ飲んでいい気なもんです。基本的に飛田新地は有名なので、黙っても客が絶えないのだと思います。

こちらは四国のおじさんを乗せ、阪神高速をぐるっと北から南へ。

取引先の人と飛田新地で女の子を物色

以前、一人で遊びにきた時は電車だったのでちょっともたつきましたが、ナビのおかげでなんとかたどり着き、迷惑にも細い道を車で物色巡回します。あまり、車で覗きまわるのはマナー違反と聞いたことがありますが、おじさんなかなか決めてくれません。ワクワク顔に目を光らせつつも、結局1周させられまた同じ道を走っていると、ようやく停めてくれと。

自分でおばちゃんと話をし2階に上がっていきました。

非常に残念ながら、終わったら携帯に連絡が来るからその後ビジネスホテルまで送って終了。しかも、ホテルがまた、新大阪って。梅田のさらに北です。

とりあえず車を飛田新地の外へ移動させ、外通りに近い店をちょっとのつもりで覗きます。おばちゃんが、あんたは遊ばんの、と聞いてきました。さきほど車で回っていたのを覚えていたみたいです。

えらいさんの案内で、と謝りましたが、同情してくれたのか女の子とひそひそした後20分11000円にしとくとのこと。飛田新地の相場で言えば15分の額、30分なら21000になる飛田新地の遊びは割と贅沢なもの。せっかくの値引き、乗らない手はない。でも、四国のおっさんからの電話、大丈夫か。

どうせなら、飛田新地でこっちも一発

四国のおっさんを降ろして10ほど経った時、結局私も別の店の2階に上がっていました。おっさんが時間でどれを選択したかわかりません。飛田新地では

  • 15分コース
  • 20分コース
  • 30分コース
  • 45分コース
  • 60分コース

とコースがありますが、短くすます客の方が多いと聞きます。

まあ、大丈夫だろうと思いつつ、出されたビールを一気にあおりました。

時間節約もあるけど、さっきの居酒屋からおあづけを食らっていた身なのでほんとに旨い。
飛田新地では美人ぞろいの通りや少しばかりお年を召した女性の通りなどけっこうわかりやすく分かれています。もちろん、地図を見てここがそうだとか解説できるほど詳しくありませんが、四国のおっさんは間違いなくいい方の店でした。

飛田嬢はレベルが高い!取引先も大満足

今、自分が上がっている店はけっこう離れているけど、目の前の女の子もなかなか若く綺麗です。滋賀や神戸のソープで遊んだこともありますが、女の子の質でいえば、飛田新地の方がはるかにレベルが上です。

ビールを3分ですませ、こちらから脱ぐもの脱ぐと女の子もすぐにゴムを付けてお口で。

飛田新地で綾瀬はるか

芸能人でいえば綾瀬はるか、といえば言い過ぎか。でもそっくりとまでは言えなくとも、綾瀬はるか系とはいってもよさそう。遅い時間にもかかわらず、丁寧に舌をつかってくる。たっぷんたっぷんのおっぱいと大きなお尻がたまらん。

咥えている間に重力のままたれ下がるデカ過ぎおっぱいに片手でちょっかいだしても手のひらで包み込めない。なんとも揉みしだきがいのあるおっぱいで。

舌さきで上手につついてくるものだから、黙ったまま体制を変えるよう促しました。飛田新地は3回目ですが、遠慮せずこちらから進めていかないと損をします。初めて来たときは遠慮してしまい、短い時間を有効に使えませんでした。女の子を下にして挿入。

ピストンで女の子の体も揺れます。おっぱいも異様に揺れてます。重力に負けてちょっとつぶれ気味のデカ過ぎおっぱいが、ゆさゆさと流れるような動き方。

たまらず発射したのは時は、時間あと5分くらい残していました。

飛田新地には60分コースがありますが、これを利用する人はどんな人なのだろう…??

せっかく15分料金で20分にしてくれたのに、あれ、これ15分でもいけたんじゃね、という終わり方です。まことに面目ない。
でも、ちょうど服を着ているところで四国のおっさんから迎えに来ての電話が。

これでいくと、おっさんは30分のコースだったか。

帰りに車で、おっさんは口数少なくなっていましたが、顔つきを見ると至極上機嫌。飛田新地の余韻を味わっているようでした。
ハンドル握っている私がよもや近くで一発とは夢にも思ってないでしょう。